2018.02.04

余韻続く「羊の木」&「大倉くんと高橋くん」



*「大倉くんと高橋くん」のネタバレを含みます*

こんにちは。
昨日ブログ更新して昼寝して、起きたら暗かったたまりですけども(爆)。
大倉君が昨日のラジオで「今日起きたら5時(夕方)くらいで、反省した」みたいなこと言うてはりましたが
「分かるー!」て思ってしまった…しかしその後ジム行ったなんて
なんだかんだ言うて真面目やんか~(笑)。
私は早起きして「羊の木」を観に行って、その後たまたま一緒の回に入ってたお友達とちょっとランチして
その後スーパー寄って帰ったから、大倉君みたいに「今日何もしてない」て感じではなかったけど
それでも大倉君みたいに「あっ今日終わった…」てなりました^^;
疲れが溜まってた状態で複雑な余韻の残る映画を観たから余計ドーッと来たみたい^^;
昨日の夜もちゃんと寝られたんですけど、今朝起きたらもんのすごい頭痛^^;!!
意味分からん…お酒飲んでもないし、夜は普通に縫い物してただけなのに。
あまりにも痛いので薬飲んで、空腹だったのでパン食べて
(先に痛み止め飲んだくらい耐えられなかった)
またベッドに戻ったんですが、薬が効いてくるまでの間本当に辛かった…
今はだいぶ痛みがなくなりましたが、念のため後でもう一度飲もうと思います^^;
多分肩こりと冷え性から来るものだったんだと思う。ホンマに寒くて嫌になりますねぇ^^;

前置きが長くなりました^^;
しっかし大倉君、やたら「暇」を強調してはったけど…ホンマにぃぃぃ(涙)??
きっと何かあると信じてますけども。
そして今まで大抵ホンマに「何か」あった、てパターンなんだけど
それでも毎回ヤキモキ…あああ~術中(?)にはまってるわ…
優さんは忙しいけど、充実してる感じ^^ 前髪確かに短かった…でも大倉君が言い過ぎてて
写真見た時「あっでもそうでもないやん」て思ってしまった(爆)。
何日か前、ツアー先の奈良で鹿との2ショットを上げてて
その時に「あっ前髪切った!」て思ったんですよね。
大倉君があまりにも「短すぎ」て言うから、あれから更に切ったの!?て思ったけど
違った…よかった(爆)。
まだ途中までしか聴けてないんです。後で最後まで聴くのが楽しみ。
海外ドラマについて大倉さんが熱弁してはりました^^


「羊の木」の奇妙な余韻はまだ続いてます。
映画の後、お友達と軽くランチしたんですが、
直後に内容について色々話せるって、嬉しいし楽しい!
「あのシーンはどういう意図なのか」
「あの行動はどういう感情なのか」
と意見を言い合えて、映画を更に深く「消化」出来た気がします。
お友達が言うてはって「確かに!」て思ったんですが
この作品は音楽もとてもよかったです。
それぞれのシーンの音楽の使い方がとても効果的で
それが更に不安感を煽ったり、怖く思えたり。
あ、そうそう、感想を書くのが難しい作品なのですが
怖いばかりじゃなくて、疑うばかりじゃなくて、「希望」もちゃんと描かれています。
と言うか、メインテーマの1つだと思う。
「羊の木」という言葉は、元々はヨーロッパで「綿(コットン)は羊のなる木から収穫されている」
と思われていたという言い伝えが転じて「信じること」を意味するようになったそうです。
映画のキャッチコピーも「信じるか、疑うか」ですもんね。
エンディングの曲が意外で…でも「なるほど…」と考えさせられました。
ネタバレになるからもうちょっと後で、覚えてたら^^; 書きますね^^;
「羊の木」、たくさんの人が観に行ってくれるといいなぁ。


さて、今日は夜に外出予定なのでそれまでゆっくりします^^;
本当に寒い…明日は更に寒くなるとか^^;?もう勘弁してほしいわ^^;
皆様もくれぐれもお気をつけ下さいね。


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト

2018.02.03

「普通」ってすごい@「羊の木」



おはようございます。
ついさっき「羊の木」観てきましたぁ~~~
舞台挨拶中継つきのやつ^^!
土曜日やのに平日と同じ時間に起きないといけないのが辛かったけど、
行って本当によかった^^!

以下、予告編やTVで話した以上のネタバレはしてませんが
「少しのネタバレもしたくない!」て方はスルーして下さいね。


映画終了後の舞台挨拶で監督も「感想が難しい映画」と言ってはりましたが
本当にその通りでした。
何とも言えない余韻が…ホント言葉にするのが難しい^^;
絵文字で言うたら
…(・_・;)
…( ̄o ̄;)
( ̄ー ̄; )
…( ̄□ ̄;)!?
(@ ̄□ ̄@;)!!
… ε=( ̄。 ̄;)
こういうのの、連続(爆)!?

でも1つだけ言えるのは、本当に面白かった。
初めて観るタイプの映画だったかもしれない。どうなるか、次の展開がまったく読めない。
誰が「真実」で誰が「虚」なのか、誰が「善」で誰が「悪」なのか…
最後はホンマに「!!」の連続で…
ある展開があまりにも唐突で(「静」だった場面が急に「動」になる)
そこから話のスピードが加速して息も付かせないようなスリリングさでした。

しかしコワかった。色んな意味で^^;
出演者が全員素晴らしい。本当に、全員。
全員ミステリアスで得体が知れなくてでもミョーに人間くさい。
松田さんの得体の知れなさと北村さんの笑顔怖かったなー^^:
そして優香さん!見た目はやぼったいけど肉感的で危うげですっごくエロくさかった…
6人の犯罪者役の方たちは皆さんすごく存在感があって
田中泯さんの迫力には圧倒された。素晴らしい「表現者」だと唸らされました。
こんなすごい方たちと共演した錦戸君を誇りに思いました。

錦戸君演じる月末以外、全員、同僚でさえも「何か」抱えてる感じがして
それが更に月末の「普通」さを際立たせてました。
月末は本当に普通でした。お人よしで、自分の気持ちに正直で、
優しくて周りに気を遣って溜め込んで、失敗したら反省して…
映画の後、舞台挨拶で出てきた錦戸君があまりにもキラキラしてて面食らいました。
全然違う!!^^; 「普通の人」月末はどこにもいなくて、「スターにしきど」(笑)でした!!
この人は天性の「役者」なんだなぁとしみじみしました。


舞台挨拶の模様は早くもネットニュースに出てたので、いくつかリンク貼っておきますね。
錦戸亮が就いてみたい職業は?目指すはTOKIO兄さん超え
錦戸亮、知らない土地で新生活するなら「左官屋」になってTOKIO超え!
<錦戸亮>“職人技”で「TOKIO超え」目指す? 就いてみたい職業は…
北村一輝、深水三章さんを偲ぶ「駆け出しの時からお世話に…」 遺作「羊の木」初日

舞台挨拶の中継って初めてだったんですけど
錦戸君が中継用カメラにも笑顔で手を振ってくれたのが嬉しかったです^^
私も振り返してしまった(笑)!
ていうか中継でもライブビューイングだからもう少し盛り上がるかな?と思ってたんですけど
誰も拍手しないし、手も振ってなくて…私はこそっと、音が出ないように拍手しまくってました(爆)。
錦戸君、面白かったよー!頑張ったね!!
出演者の皆さんも素晴らしかったですーー!
とサイレント拍手をしながらニコニコ笑顔で念を飛ばしてました…コワい(爆)。

しかし舞台挨拶て大変ですねぇ。
撮影もバラバラでこのメンツは初顔合わせだと言うてはりました。
バラバラでチームワークが全然ない、と錦戸君^^;
でも他の出演者さんが言葉に詰まったら助け舟を出したり相槌打ったり
(ていうか司会者の人が…も、もうちょっと腕磨いて^^;)
すごく頑張ってました。錦戸君、やっぱり吹っ切れた感じがする。
安心して観てられたし、頼もしかったです。


ああー、しかしすごい作品でした。
「衝撃」という言葉がぴったりの…余韻が複雑すぎて、「戻って」来れないや^^;
錦戸君すごいなぁ。なんか、「普通の人」月末を通して
他の人たちの不気味さ、胡散臭さをリアルに感じさせられた気がします。
自分が月末になった感じ。それだけ「普通」になれるって、実はすごいことですよね。
その「普通」さで私たちを同化させてくれてる。
でも月末は確かにそこにいる。その絶妙なバランス。
映画終了後の錦戸君があまりにもキラキラしてたから
余計そのギャップに戸惑いました^^;
すごいぞ錦戸亮。今まで観た中で一番て言っていいくらいの名演でした。
これから観る方は、ぜひ楽しみにしてて下さい。
もし迷ってる方がおられたら、ぜひぜひ!絶対に損はしません^^!


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

2017.11.28

タマ(り)とミキ。



おはようございます。
昨日帰宅したら、年上のお友達からの荷物の不在通知を発見し…
「急に何やろ??」と訝りながらも取りに行ったら、めっちゃでかい!でも軽い!!
そして開けてびっくり。
tmm2.jpg
えええええええええええええええええええええ!なんで!?!?!?!?
そもそもこのお友達、eighterじゃないし関ジャニ∞が何人かも多分知らない^^;!
知ってたのは「あの八重歯の子」くらいで、最近やっと大倉君を覚えてくれた…
慌てて連絡して聞いたら、知り合いの知り合いが…みたいな、とてつもなく長い話で
とにかく色んな方の手を渡って私のところにたどり着きました。
「たまりちゃんが好きな、関ジャニ∞のキャラクターなんでしょう?」
…ちょっと色々端折りすぎな感もあるけど、大体合ってます(爆)!

たまに彼女のお仕事に関して、ヘルプをすることがあるんですが
「いつもいつもごめんね、お誕生日もいつも忘れちゃうし」と…
元々誕生日に重きを置かない人で、それでも何くれとなく気にかけてくれて
ご飯をごちそうしてくれたり、贈り物をくれたり…私こそしてもらってばかりなのに^^;
私夏生まれですけど、すごく嬉しい「お誕生日プレゼント」をもらいました^^

早速3ショット。
tmm1.jpg
マルというか…オレンジですけども^^;
いやーしかしびっくりした。
ホンモノが見られるなんて。これホンマにかなりレアですよね…
全国でも限られたゲームセンターにしか置いてなかったんですよね。
クッションそのものももちろん嬉しいけど、お友達の気持ちも本当に嬉しかったです。
感謝しかない。大事にしないとなぁ…

tmm3.jpg
それにしても、UFOキャッチャーの景品なので仕方ないんだけど
すぐ毛玉が出来そうな素材です…^^;大事に使いたいけど、怖い^^;
そしてタマとミキのプリントも、熱転写?のような。だんだん色褪せてきそう。
アトピーの指先に引っかかります。「泥棒役者」のプリントもすぐ剥がれそう^^;
公式グッズとして、もっといいので出せばもっと高い金額でも売れたやろになぁ。もったいない。
タマの顔だけのクッションとかでも可愛かったやろな~


昨日は少し調子が悪く、今朝も寝坊してしまったので「ペコジャニ∞」はまだ観ていません。
でも大倉君が唐揚げ作ったのね!それの映像だけで楽しめそう~^^


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

2017.11.24

映画「羊の木」予告映像。



おはようございます。
昨日は買い物中ずっとダルくて眠くて
でも暖かい室内から外に出たら、寒さで目が覚めて気分もすっきりしてきた(笑)。
最近ホンマに寒いですよね。お風呂入ってもなかなか温まらん。
そろそろ、例の入浴剤(漢方系で激クサ)買いに行かなアカンかな…
ブラックフライデーの前倒しセール?で人がすごかったです。
ていうかいつからブラックフライデーが日本に…すごいなぁ、商機を逃さない^^;
今日はプレミアムフライデーですね^^


少し前の話になりますが、「めざましテレビ」で「羊の木」の予告映像が公開されましたね!
どうせなら錦戸君が殺人犯役がいいなぁ、とか色々思ってたけど
登場人物がみんなアヤしい中、1人だけ普通過ぎるほど普通って反対に目立つんやなぁと…
あのちょっとダサめな髪型もいい感じ!
想像よりコワめに仕上がってた…サイコスリラーみたいな…
「普通の人」錦戸君の慄いた表情や、訝しがる目線がそのまま観客のものになりそうな。
しかし去年の冬ツアーでお知らせがあって「まだまだ先や」て思ってたのに
もうすぐ公開ですもんね。はーホンマにもう^^;
今月もあと1週間を切っただなんて^^;
「羊の木」も楽しみですが「泥棒役者」もまた観に行きたい。

今年は冬にツアーがないから、イベントというか「次の何か」に飢えてる感じがします^^;
例年なら今の時期色々気忙しいもんなぁ。平和なんだけど、慣れない(笑)。そして寂しい。
大倉君が「レンジャー」で「その分バラエティーにぶつける」なんて言うてたけど
当分ホンマにバラエティーだけなんやろか…いや、露出が多くてありがたいんだけどさ…
そろそろお芝居とかお芝居とかお芝居とかどうでしょう。
ドラマ出てほしいなぁ。ずっと「クセのある役、ストーカーや殺人鬼!」て言うてきたけど
刑事ものもいいなぁ。ただただひたすらカッコいい大倉君!
でも出来れば「JOKER」の錦戸君みたいに陰がある役がいいな。
「ON」の横山君みたいに武闘派で口が悪い先輩役もいいな…
ドラマは毎週「会える」から嬉しいけど、映画館の大スクリーンで観られるのも嬉しいものですよね。
今回「泥棒役者」で久しぶりに映画館に行って…冬で空気がこもった感じがあったせいか
映画館特有の「匂い」みたいなのをすごく感じて。
「あー、映画館てええなぁ。もっと来よう」て思いました。
とりあえずは「泥棒役者」をもう一度観に行きたい^^!


昨日は妹が荷物の整理してる時に(全然終わらん)昔の「関ジャニ∞クロニクル」を観ました。
大号泣しながら「ゲッツ(涙)!」てする錦戸君にドン引きする妹…(笑ってたけど)
妹よ、これが錦戸亮なのだ(!?)。
やりたくないことはやりたくないのだ。
でもメンバーも容赦しないし、テレビで仕事だから、ちゃんとやるんだ。
だけど本当にやりたくないから号泣するのだ(爆)。
しかしeighterじゃない人のリアクションて新鮮で、興味深いです。
面白い面白くないがハッキリしてるし
私が「これが錦戸君だから」と受け入れているところも
「ハァ!?なんで!?」と真っ当な疑問を抱く(爆)。
あっそうそう、「バズリズム」での丸山→すばるの偏愛にも
「こんなんテレビで言うてええん?」て本当に引いてました(爆)。
しかし家族で住んでると好きな時に好きなものを観るって訳にはいかないんだろうなぁ~
妹はテレビにあまり興味がないので私が観てるものを観るけど
それでも「また観てるん!?」て言うしなー^^;


今日は金曜日。帰りに買い物して(日用品ですけど^^;)プレミアムフライデー感(?)を感じて
週末少しでも休めたらと思います。
あともう少しキバッていきましょう~


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

2017.11.20

こんなに泣くとは@「泥棒役者」



*「泥棒役者」のネタバレを含みます*

おはようございます。
昨日、「泥棒役者」観に行ってきました!行けたぁぁぁぁ~~~(涙)。

以下、ネタバレしてます!
これからの人は、出来れば真っ白な状態で観に行ってほしいです。
でも、観に行こうか迷ってる人は、絶対に行ったほうがいい!!
絶対後悔しないから、約束する(?)から!!
私ももう、また観に行きたいですもん。


まさかあんなに泣ける映画だったとは。
荒唐無稽にならないギリギリのラインで「コメディ」で
落ち込まないギリギリのラインで切なくて…
その境界線が絶妙でした。
「あり得る」と「あり得ない」の混ぜ方と言うか、バランスがすごくよくて
一瞬「いやちょっとそこは都合よすぎでしょ」て思う瞬間があっても
次の展開がリアルだからそのまま納得出来てしまう。
観るまでは「色んな人を騙したまま最後まで持って行けるの?」なんて疑問やったんですが
色んな偶然やアクシデントが重なって、息もつけないようなスリリングな展開で
時間があっという間に過ぎていきました。
そして終わりも素晴らしかった。どう収拾付けるのかな、と想像もつかなかったけど…
西田征史監督、天才やと思いました。あのストーリーの広がり方、あのカメラワーク!!

そして何より丸山君を起用してくれたことに深く感謝しました。
気弱で臆病で流されやすいけど、真面目で優しくて、人の心に寄り添える人。
丸山隆平のための役じゃないか!と震えました。
あの気弱な表情!優しいまなざし。そして何より、情けない顔芸(笑)!!
なんてバカで情けなくて、可愛いんだーーーー!
映画館を後にして、余韻覚めやらぬ状態で
「丸山君、この作品に出会えて本当によかった…」と泣けてきたくらいです。
西田監督にはいくら感謝してもしきれない。
丸山君と仲良しだそうですが、丸山君の魅力を200%引き出せる脚本にしてくれたんだと思います。

そして共演者の皆さんの演技も素晴らしかったです。
市村さん!!あんなフザケたクレイジーなオジサン(褒めてます)なのに
その裏に隠された哀しみと後悔の念に胸を締め付けられました。
ブッ飛んでる時とシリアスな時の切り替えがすごいと思いました。
なのに、すごく説得力があるんですよねぇ…どっちも前園俊太郎でした。
やっぱりその人の根底にある「慈しみ」の感情が見えたからかなぁ。
得体のしれない泥棒の大貫はじめの中に、自分を見ていたような節がありました。

宮川大輔さんには本当~~~~にムカつきました!!
はじめをいじめるな!!このクズ男!!とイライライライラ…(笑)。
でも最後は憎めない感じで安心しました。ホッとした。
ユースケさんはどこまでがユースケさんでどこからが役柄なのか分からないくらい自然だった(爆)。
石橋さんは、色々大変だったでしょうけど、石橋さんでよかったと思いました。
嬉しさで、涙を堪えて笑うあの場面、胸がキュッとなった。
片桐さん、最高でした。舞台版では片桐さんが大貫はじめ役だったとか…
今回映画化するに当たりかなり加筆・変更があったと思いますが
片桐さんの大貫はじめもいつか観てみたいと思いました^^

高畑さん演じるはじめの彼女は…本当に「理想の彼女」ですね!
はじめが息せき切って走り帰ったアパートで、あんな風に待たれた日にゃ!!
世の男性だけじゃなく私でも「…好きっ!!」てなるわ(爆)。
女性目線からするとやや「出来過ぎ」な彼女ともとらえられますが
あれは監督からのメッセージなのかもなぁ。
過去に間違えても、反省して、償って、真面目に頑張れば、見てくれる人はいるよ、って…

一瞬だけだったから自信はないんですけど
万年筆を握るはじめの爪のすき間に、茶色い汚れ?が付いてた気がして。
あれって機械油かなぁって…沁み込んで取れなくなるくらい、真面目に働いてるんやなぁ。
真っ白な原稿と、高そうな万年筆と全然合ってない爪先に、少し切なくなりました。
そりゃあれだけ一生懸命働いてるはじめを見たら、彼女も好きになるよなぁ~
でもひとつだけ!「はじめのこと頭がいいともカッコいいとも思ってないよ」て、
頭は良くないかもだが(でも発想力はすごかったぞ)カッコはめっちゃいいと思うぞ(爆)!!


ホンマにめっちゃよかったです。
素晴らしく緻密に練られた脚本とカメラワーク、
魅力溢れる共演者の方々。
そして我らが情けなくも愛おしい大貫はじめこと、丸山隆平!
寂しい過去を語る切ないまなざしに胸を掴まれて
「マッシュ」の大事なものを守ろうとする姿に泣けて泣けて…
ていうかコメディーという心持ちで行ったのにこんなに泣かされるなんて(爆)。
でも、ところどころに挿入されてるアニメーションがすごく効いてて
哀しい場面が哀しくなり過ぎならなかったし
シーンの切り替えとしてとても有効でした。
そして、「応答セヨ」の挿入シーンも絶妙でした。鳥肌立った。
そこでまた涙が出たのは、映画の余韻と曲が素晴らしくマッチしてたからだと思います。
西田監督、本当にすごいです。
丸山隆平という役者をこの作品に起用して、最大限に活かしてくれて、本当にありがとうございました…!
西田監督と丸山君が出会ったこと、そしてこんな素晴らしい共演者に恵まれたことに心から感謝です。


いやーしかし、良かった。素晴らしかった…
丸山隆平、カッコええやん。サイコーやん!
ただただ誇らしいです。
もう誰彼問わず「どうですか!!ウチの丸山、どうですかっ!?」て胸張りたい(爆)。
初主演ですが、間違いなく代表作です。
ああ、高畑さんのこと「理想的過ぎる」て書いたけど
あんな情けなくてでも真面目で可愛い彼氏がおったら、誰でもそうなるんかなぁ(笑)。


「泥棒役者」、自信を持っておススメします。
まだご覧になってない方はぜひ劇場へ。
もうご覧になった方は、ぜひまた劇場へ!!
それが「僕の妻たち」(いやあの本気にしてないですからね)の務めです(笑)!


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ