FC2ブログ
2014.02.06

「Dr.DMAT」第5話。

こんばんは~。
今回の「Dr.DMAT」…今までで一番テンポがよかったですね。
響が腹をくくって決断が出来るようになり、救命の場面での迷いが短かったせいでしょうか。
話の展開もほぼ原作通りでした。
しかし、難しいというか重かったですねぇ…
どっちの気持ちもすごく分かる。
私は原作を読んで、おばあちゃんが
「子供はみんな特別です。娘だって私にとっては特別な子供です」って言った時も
思わず涙が出たなぁ。そうかぁ、そうなんだよなぁって。
私の周りの、お母さんeighterさんはどういう気持ちで観たのかすごく気になりました。
皆さん、すごくお子さんを大事にしてはるのが分かるから。
私は傍に妹がいたら「姉ちゃんより先に死んだらあかんでっ」ってまた言ってしまいそう(爆)。
そして妹につめたーく「はいはい」って言われてしまうと…^^;
だけどこの考えこそエゴの塊なんですよね~。
先立たれるのに耐えられないから。だから自分が一秒でも先に、って。
人間てエゴの塊ですねぇ^^;
何かの本で読んだことあります。子供の存在自体が親のエゴの産物だって。
産みたいから産むんだって。
「存在したい」と思わないのに産まれてきた子供(人間)の存在は、
そもそも本来からして理不尽なものなんだって…

あと、前回はかなり嫌なヤツ!って思った伊勢崎先生だけど、
今回はすごく考えさせられました。
あの時の判断は第三者が客観的に見てどうだったかなんて、
響に感情移入し過ぎて失念していました。そうか、助かったのか…
だったらあの助かった患者さんの家族にとって響の選択は「正解」だったんだ。
突き詰めると正解なんて結果論がほとんどなんですよね。
どうしても落としどころを探してしまいたくなるから。
「あれでよかったんだ」「意味があったんだ」って思いたくなるから…

は~。今回は涙は少なかったけど(かなり心の準備をしてから観たから!)
しんどいのには変わりはなかったです^^;
でも、響の「むふっ」とした笑顔が何度も観られて嬉しかったです^^
だけど最後のあの展開…もう嫌や~^^;!1週間ドキドキしっぱなしやん…
ドラマも中盤に入ってきますが、果たして原作と同じ展開になるのか…
そうなったらもう私の神経持たんかもしれん…
…とりあえず、今は考えるのはやめておこう^^;
あああ。胸のザワザワが落ち着かないです。MUSIC JAPAN、早くカモーン^^;!


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ

「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

スポンサーサイト