FC2ブログ
2017.06.26

なんじゃありゃ!!!@「関ジャム完全燃SHOW」



*「関ジャム完全燃SHOW」のネタバレを含みます*

おはようございます。
昨日の「関ジャム」…感涙モノでした。
本当に涙出ました^^; なんかもう、色々こみ上げちゃって…
蔦谷さんの思い、いしわたりさんの熱意、air:manさんの仕事ぶり
そして岡崎さんや水野さんの気持ち。何もかもがありがたかったです。
夜、寝る準備をして横になりながら観てたんですが
何度も涙が目尻をツーッ、と伝って参りました(爆)。
感無量でした。蔦谷さんのいしわたりさんに宛てたあのメール!!
「今の関ジャニの人気と知名度はキャリアの中で一番高い」
「更に上を目指して国民的な存在にするために」
この愛溢れる文章を読んで「もう…もうたまらん…」と目頭が熱くなりました。

プロの仕事を見せてもらいました。
蔦谷さん、プロデューサーと同時にアーティストさんでもあるからか
両方の気持ちが分かるのか、とにかく説明がうまいし理解力もすごい。
丁寧な説明だからみんなすぐ理解するし、相手の気持ちをすぐくみ取る。
そして歌、うまい!!仮歌の時点でぶっ飛びました。
めっちゃクールなハイトーンボイス。
しかも本当に英語に聴こえた…
最初「あっ外国人に歌入れてもらったんや」て思って
でもテロップに「仮歌:蔦谷好位置」て書いてて「ハァ!?」て二度見した!
確かによくよく聴いたらデタラメ英語なんだけど
そもそも英語の曲ってネイティブが聴いても聴き取れないことがあるし
(英語という言葉の構成上の特徴のせいで)
何より蔦谷さんの英語の特徴の「掴み方」が天才的でした。
普段からホンマに洋楽を聴きこんでるんやなと痛感した。
「天はこの人に何物与えるんや」と衝撃を受けました…

そして「DONAI」…もうカッコよすぎて観てる間はただただ呆けてました。
なんじゃありゃ。なんじゃありゃ!!!!!!
冒頭の横山君から完全ノックアウトです。
すっごいやん横山君、もんのすごくキマッてる!
そしてヴァレンティン大倉君の「あの子俺に夢中♪」で
呆けた頭で「うん、もうずっと夢中ですが更に夢中になりました」と
なぜか敬語でしみじみした私(爆)。
今回「ヴァレンティン」でやってくれてよかったぁ…
「セクシーチャラ男」が曲の雰囲気にぴったりで最高でした(爆)。
振り付けもカッコよかったなぁ~いいオトコ7人に指で誘われてる!!
最初のサビの部分の「ドナナイイイ♪」での丸山君のあまりの男前さに
「ひいいいいいい!」て心の中で絶叫してしまいました…今思い出してもニヤつく…
もう一つめっちゃ印象に残ってるのは曲の最後「TONIGHT どない♪」で
後ろに下がる安田君のあのステップと、首の角度!!
斜め横からのアングルであの破壊力!
真正面だったらもうTV画面割れてたかも(爆)!あの誘う首の角度よ!!
見逃した方はぜひぜひそこに注目してもう一回観て下さい(笑)。
この曲は誰が振り付けしたのかなぁ。世界観もばっちりでしたね。

この曲、ホントに今までのエイトにない感じですが歌割りも面白いですよね。
蔦谷さんが「ここはぜひすばる君に」と指名した部分は「なるほど!」て納得したし
大倉君が「入れ歯カタカタ」の部分歌うのも面白かったし。
何より全員本当にカッコよくて…錦戸君のあのシャウト、めっちゃセクシー!
そして村上君!KINGやーーん!!!!
ラップめちゃくちゃカッコよかったです。
ラップに入る直前の照れた顔も可愛かった。キマッてたぞ!!
LIVEではぜひキャデラックに乗って出てきてほしい。 ←どんな演出^^;

あーもう、ものすごい「プレゼント」を受け取った気分です。
プロってすごい。みんな、自分の仕事に誇りを持って相手に敬意を払って
いいものを作りたい、という意識がビシバシ伝わってくる。
そしてそれを受け取って全力で応える関ジャニ∞。
そりゃあれだけの「剛速球」投げられたらこっちもフルスイングするしかないな。
刺激し合って高め合って。すごい化学反応…
すごい人たちと仕事してるんだな。あーもう。言葉にならない。
こんな世界で「戦ってる」のかこの人たちは…
こんなすごい人たちに「ぜひ曲書きたいです」て言われてるのか関ジャニ∞は!

「いきものがかり」の水野さんの楽曲も、実は映像が先だと知ってびっくりしました。
「JAPAN COUNTDOWN」で映像を観た時に
「この四季の映像、どうやったんやろ。めっちゃお金かかってない^^;?」
て思ってたんですけど…まぁお金はかかってただろうけど^^; CGじゃないのね(笑)。
あの映像にあまりにもぴったりでまたまた唸らされました。
今回は蔦谷さんの曲をフィーチャーしてくれましたが
全曲に対して、プロがそれぞれ最高の仕事をしてくれてるんですもんね。
はぁ~。なんか、今回だけじゃなくて、今までの楽曲に対しても感謝が湧いてきた…
突き詰めようと思えばそれこそ∞に突き詰められる。
どこまでもやれる。「終わり」は自分で見つけるしかない。
でもその曲はきっと年月を重ねていくことでまたどんどん進化していく。
終わりなんてきっとなくて…なんて言うか、この世界ってすごくサイクルが速くて
「最新」だったものがすぐそうじゃなくなっていくけど
今回制作過程を見て、エイトがそれを表現するのを見て
「一回一回はすぐ『終わる』けど、きっとずっと進化してる…」と
この仕事のすごさを改めて感じさせられました。

「今」のイメージがクレイジーキャッツ、とair:manさんが言うてはったけど
ニセさん…じゃなかった、星野さんが以前来てくれた時に
クレイジーキャッツの話、めっちゃしてはりましたよね??
それを思い出してめっちゃびっくりしました。
「音楽で会話」してる!通じ合ってる!!
関ジャニ∞のこと「平成のクレイジーキャッツ」て言うてくれてはったような…
感動してしまいました。niseさん、このこと知ってるのかな。
いつかまた教えてくれたら嬉しいな。星野さんを通してでもいいから(笑)!

いわゆる「振り写し」の映像もすごく興味深かったです。
あんなガヤガヤしてる中での個人レッスン!はぁぁぁぁ~~~プロだわ…
安田君の真剣な表情にグッと来ました。
以前の「少年倶楽部プレミアム」で、横山君が
「俺らはそこらへんの信頼関係は出来上がってる」
「メンバーが知らないところで曲依頼してたり、何かしてても気にならない」
と言ってたのを思い出しました。
この部分はヤス、というエイトの「姿勢」を見た気がした。

しかし今回は本当に盛りだくさんでしたね。
曲がどのように出来上がっていくか、の過程もとても興味深かったし
プロの仕事には感嘆させられっぱなしでしたし
(でもOAではだいぶ省略されてたけど、すごく労力がいるお仕事ですよね)
最後のパフォーマンスでは圧倒されたし…
そして普段見られないエイトの表情もたくさん見られました。
初めて曲を聴く時の顔。
歌詞が入った時の顔。
みんなそれぞれ違って。早速テンポを取ってたり、一緒に口ずさんだり。
真剣に真顔で聴き入ってたり。
それを画面越しに真剣に真顔で観てる私(爆)。

「ジャム」の製作に関わって下さった方々はもちろんのこと
この番組のスタッフさんにも感謝です。
よくぞここまで密着して、詳しく分かりやすい番組構成にして下さいました…
関ジャニ∞の今の環境を心からありがたいと思いました。
そしてこんなにたくさんの「プロ」が「動いてくれる」存在である関ジャニ∞を、心から誇りに思いました。

アルバム、明日が早売り日ですね。
もう待ちきれん。早く聴きたい。
今までで一番ドキドキワクワクしてます。
「ジャム」特設サイトのライナーノーツ、すばる君の「生きろ」…
「夢や希望がなくてもいい。ただ生きろ」
もうこの一行だけで泣けてくるよ^^;
私にとっても思い入れの深い一枚になりそうです。


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト