FC2ブログ
2019.02.11

生まれてきてくれて日々感謝。



今日の記事は…数日前からまとめようとずっと頑張ってきたんだけど、
どうやってもうまく出来ません^^;
なのでいつも以上に長い文章になると思いますが…
いつもは「こんな長文読んで下さった方すみません」と言ってますが、
今回ばかりは「どうか最後まで読んで下さい」と書きます。
すごいお話です。

「始まり」は先週でした。
ある方からコメントを頂きました。

↓下記は、その時頂いたコメントの一部(概要)です。

「はじめまして、たまりさん。私には小学生の息子がいます。
息子が小児がんで入院していた時、ビーズ・オブ・カレッジに参加していました。
どのビーズが一番好き?と聞いたら、あるビーズを選びました。
おそらくたまりさんが作って下さったものだと思います」


「ビーズ・オブ・カレッジ」は難病のお子さんがビーズを集めて楽しむと共に
「自分の乗り越えてきた治療を振り返り、勇気や希望を実感する」ことを目的としたプログラムで
私も少しずつですが自分のとんぼ玉を送り、このブログでも紹介してきました。

ビーズ・オブ・カレッジのHPは→<1>

私が参加する経緯/活動の概要説明は→<2> をご覧下さい。

この<2>のページで載せている内のひとつが、コメントを下さった方の息子さんの手に渡りました。
本当に息が止まるかと思うくらいびっくりしました。
まさかまさか、実際に私のとんぼ玉を手にした方からご連絡を頂けるなんて…
コメント時にメールアドレスを載せて下さっていたので、すぐにご連絡しました。

これからは、息子さんのことE君(仮名)と書きますね。
はにかんだ笑顔がめっちゃくちゃ可愛い男の子なんです!
「笑顔」、EGAOの「E」です(笑)!
どれだけ可愛いかと言うと、職場でこそっとE君の写真見てたら、会社のオジサマに
「デレデレして…関ジャニ∞やろ(笑)!」と言われたくらいです(笑)! ←仕事しろ

あ、ちょっと話が脱線しましたけど(笑)。
とにかくそんなめっちゃくちゃ可愛いE君のお母さんは、
ご自身ももう少し落ち着いたらとんぼ玉を習いに行って「ビーズ・オブ・カレッジ」に参加出来たら、と思い
検索したらたまたま私のブログを見つけて、その中にE君が「一番好き」と言ってくれたビーズがあったそうです。
…すごくないですか??こんなことあるんや…と鳥肌が立ちました。

一番最初に頂いたコメントの最後のほうに、こうありました。

「とにかくお礼が言いたかったです。
入院中の子供たちはビーズをつなげることを楽しみにしています。
特にがんばったねビーズをもらう時は誇らしげにさえ見えます。
私も自分にできることから少しずつ何か見つけたいと思っています」


…なんかね…もう…言葉にならなくて…
「溜まり続けて、ずっと家にあるだけより、何かしら役に立てたら」
という思いから始めたことけど…良かった、と思う反面、そんなすごいことしてないのに、
こんな「ご褒美」もらっちゃっていいんだろうか…という申し訳ない気持ちと…
でも本当に本当に、涙が出るくらい嬉しかったです。
なので、「私こそこんなすごい『ご褒美』を頂いてしまって、ありがとうございます」
という気持ちを伝えたくて、お母さんにメールしたんです。
それから何度か、やり取りをさせてもらって…E君の写真を送ってもらったりして。

最初、「復学出来るくらいまで回復しました」と教えて頂いて
それが本当に本当に嬉しくて…でも、その後のメールで
「障害が残り、再発との闘いもあるので長期フォローが必要です」と…
退院したらそれで「終わり」じゃないことを痛感して…本当に、言葉がなかった。
でもお母さんは続けて、「命さえ助かればと思った子ですので、しっかり見守りたいと思います」
涙が出ました。どれだけのことを乗り越えてきたのか。想像することすらおこがましいと感じてしまう。

「なかなか相手の見えないチャリティですが、
たまりさんのとんぼ玉はほんとに子どもたちの勇気になっています。
がんばったねビーズを選ぶ子供たちを見てほしいくらいです。キラキラです。」


…このブログで一番最初に「ビーズ・オブ・カレッジ」を紹介した時(<2>のリンクの中)、
Mr. Childrenの「彩り」という曲の一部を引用しました。

「僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の 笑い声を作っていく
そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑」


「赤 黄色 緑」どころか…ピカピカの金メダルをもらった気分でした。
嬉しくて、申し訳なくて、でも本当に嬉しくて…
もっと優しくなりたい。もっと強くなりたい。そう思いました。
普段の甘えきった自分が情けない。
もっと「優しさ」を分けられるような、人を許容出来るような強い人間になりたい。
私なんかには想像出来ないほど「がんばって」る人が世の中にはたくさんいる。
私ももっと、やれることをやらないと。

…お母さんとは何度かやり取りをさせてもらったんですが、その中で。

「あまりジャニーズの人は知らないのですが、入院ママ友の中で安田君のことがすごい話題になりました。
テレビ番組にでたときに頭の傷を隠さず出ていて、私たちはとても勇気をもらいました」


思わず、息を呑みました。

「Eもすごい傷があります。
あるママが安田君はわざと見せるような髪型にしているのではと言っていて、
同じ病気の子供たちもとても励まされたんじゃないかと思います」


本当は、最初はこの話はブログではするつもりじゃなくて。
何人かの、普段から応援してくれてるお友達には話したんですが。
このブログに書くと、「いいことをした、と自慢してる」って思われないかなぁとか
色々考えてしまって…でも、やり取りをさせて頂いている内に、やっぱり。

「こういう活動があるということをもっと知ってもらうために、ブログに今回のことを書いていいですか?
お母さんが私なんかのブログに辿りつけてしまうくらい、
ビーズオブカレッジ(他のチャリティもそうですが)って知られてなくて、それが歯がゆいんです。
私のブログに載せたところで大した効果はないでしょうが、それでも何人かは知って下さいました。
少しでも、もっと広がればいいなと…
あと、安田君の傷跡…見たくない、という人も一定数いて。辛いから、と。
でもそれで勇気をもらった人がいる、とお母さんが教えてくれたことをファンの人に知って欲しいんです」

↓お母さんの返信は…

「ブログ掲載の件ですが、全く問題ないです。
やはり当事者、それも受ける側からの発信はなかなか難しいと感じています。
見た目もそうですし、命にかかわる病気なので慎重にならざるを得ないと思います。
だからこそ、私たちにしかできないことがあると思っています。
恥ずかしいけどEのため、同じ病気と闘っている子のためです。(笑)」


また、涙が出ました。お母さんの強さと優しさの裏に、今まで戦ってきたものの大きさを感じて…

「安田くんのことですが、ほんとにほんとに勇気をもらいました。
私は安田くんの写真をEに見せて、
「このお兄さんもEと同じ病気で手術したけどこんなに元気になってるし、
この傷をわざとみせる髪型にして、Eたちにがんばってって言ってくれてるんやで」って説明しました。
やはり傷を見るとショックですね。それもわかった上で同じ病気の人たちにメッセージを送ってもらったんだと思っています。
ほんとに感謝です。ぜひ皆さんにお伝え下さい」


…今書いてても泣いてしまう。

安田君。伝わってるよ。
安田君の思い、ちゃんと届いてるよ。
いつかいつか、安田君本人にも伝わったらいいな。

「こんなにがんばってる男の子と、そのご家族がいるんです。そして、あなたはその人たちを励ましたんです」


E君はこないだお誕生日を迎えました。
前の年は病院で迎えたそうです。ケーキも、食べられなかったと…
お誕生日におうちにいられること。ケーキを食べられること。プレゼントをもらえること。
みんな一緒に過ごせること。笑い合えること。
全部全部、「当たり前」じゃない。かけがえのない時間。
私たちもそれを忘れてはいけない。

改めて…E君お誕生日おめでとう。

おめでとう ありがとう 生まれてきてくれて日々感謝 (渋谷すばる/「あ」)



*今回E君のお母様の許可を頂き、どなたにも迷惑がかからないよう気をつけて文章を書いたつもりですが
後日何か不備が判明したり、ご迷惑をかけるような箇所があれば訂正/削除させて頂きます。ご了承下さい。


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト