2016.01.17

大倉君、思いは届きましたか?@ツアー最終日。

こんばんは。
もうご存知の方も多いと思いますが、今日のツアー最終日、
大倉君は腸閉塞により参加不可能となり…6人での出演でした。

最初、開演時間になっても始まらなくて…
あれ?もう映像も始まらないといけないよね?何かあった??
とお友達と言い合ってたら…ステージ上にメンバーが登場。
私の席は遠くて、大型スクリーンにも映らなかったから
最初は訳が分からなくて…ただただ、怖かった。
衣装じゃなく普段着のメンバーのただならぬ空気がこちらにまで伝わってきて。
村上君が口火を切るまで心臓の音でおかしくなりそうでした。
大倉君は昨日まで元気だったけど、夜から異変を感じ
最初はガスぴたんで止めようとしたけどダメだったからお医者さんに行って
本人は最後まで出る意思があったけど医師の判断を仰いだ結果、
休養が必要となりました、とのことでした。
大倉君が出られない、と知って…
本当に哀しかったし、悔しかったけど、何より、ホッとしたんです。
命に関わるような病気や怪我じゃなくてよかった。
何か悪いことがあって出演出来ない、とかじゃなくてよかった。
大倉君は痛くて悔しいだろうけど、それでも。
ホント、指先が震えました…

「我々も急なことでどうしたらいいか…6人ですけど、やっていいですか?」
「こうやって皆さんに聞いてから決めようって話になったんです!」
…心からの声援を送りました。
「俺らもこの服を着て、大倉の分も背負ってるつもりです!」
(クチビルマークが背中についた黒のパーカー。スタッフさんが着てた)
「6人ですいません!でも大倉の分も出し切るって約束します!」
「この6人と、eighterの皆さんで最高のライブにしましょう」
「大倉にも元気を届けましょう」
「本当に申し訳ありません!ありがとう!」
「4万5千6人で大倉の分も埋めましょう」
「俺らも覚悟してやるんで、皆さんも覚悟して下さい!」
「全力でやるって約束します!!」
なんかね、最後のほうはもう私もお友達もみんな、涙涙で。
「な、なんか…」「もうダメですね…」と全員で涙を浮かべて苦笑い。
メンバーの思いが真っ直ぐ伝わってきて。
みんな笑いながら言ってるけど、空気がピリピリしてて。
やるぞ!やらなあかん!!って気持ちが見えてくるようでした。
その姿勢にやられました…

私たちの声援を受け、
「じゃ、今から着替えてくるんで!」
「ちょっと待っててね(笑)!」
「ごめんね(笑)!」
と一旦ハケるメンバー。
そしてドームを埋め尽くすエイトコール…もちろん私も泣きながら声を出しました!
大正駅から大阪ドームまでの道をエイトが歩く映像が終わって
舞台裏のエイトが映し出された瞬間…横山君が、大倉君の衣装を着てる!!
それに気付いた瞬間、また涙が止まらなくなり…
丸山君が「大倉の分もeigherが円陣組もう!」  ←多分こういう感じのこと
カメラが円陣に入り、私たちも加わってるような演出にしてくれました。

最初の曲がまた「キングオブ男!」だったから
メンバー一丸の「大倉の穴を埋める!」という気迫がビンビン伝わってきて
最初からボルテージはマックスでした。私ずっと泣いてたけど^^;
途中、
「愛する大倉のため すべてを敵にしてでも守る♪」
「愛する大倉の夢 並ならぬ涙の賜物♪」
って錦戸君とすばる君が変えて歌って会場は更にヒートアップ!
その次の「へそまがり」も「立ちはだかる困難に♪」のところで
その時の状況とリンクして「うおおおーーーーーーー!」ってなりました。
間奏で安田君が
「eighter!!ファイナルだぞーー!大倉に声届けるぞーー!
 せーの!おおくらーーーーー!…届いたぞ~~~!!」
衣装のお腹をめくったら、そこにはウチワの大倉君が(笑)!
ずっと仕込んで踊ってたの(笑)!?!?
続いた「がむしゃら行進曲」も、その歌詞の内容に励まされ、鼓舞され。
間奏で丸山君が
「大阪!大倉に届かないぞそれじゃ!もっともっと!俺たちについてきてくれるかー!?」
オープニングからみんな心は一つでした。本当に、あの一体感はすごかった。

私はひたすらメンバーのその姿に泣けました。
なんかね。終わってからもお友達と言い合ったんですけど、
もう感情がぐっちゃぐちゃで、ものすごーーーーく複雑なんです^^;
大倉君がいなかったのは本当に哀しいし、寂しい。
大倉君のことが心配。大丈夫かな。悔しいだろうな。自分を責めてないかな。
メンバーにも迷惑かけたって思ってるだろうな。
だけど、ホンマにメンバーがめっちゃくちゃ頑張ってたんですよ。
1人1人、いつも以上の…いや、今までにないような気迫を感じさせてて。
それを受け取る私たちも全力でいかなきゃ!!!って思わせてくれて。
あんなに変な高揚を味わったライブは初めてです^^;
でもでも、やっぱり寂しいです。
私はありがたいことに何度も入れたからいいけど
今日1日だけ、大倉君に会える!と思って頑張ってきた人もたくさんいるわけで。
メンバーもそこは本当に何度も何度も謝罪してました。
誰も何も悪くないのにな。もちろん大倉君も。切なかったです。

とにかく、節々で泣けてきて大変でした^^;
お友達も「泣きすぎて頭痛い」て…私も^^;
この涙もすごく複雑で一言では表現出来ない。
すごく印象に残ってるのが…「High Spirits」の時、
ドラムはもちろん大倉君がいないから空なんだけど
バックミュージシャンの方がそこはカバーしてくれて、
多分手元が見えるようになんでしょうがそのドラムの場所だけ淡く光が当たって
その方が叩いてる姿が見えたんです。
それを見た瞬間も涙が溢れて…本当にありがとう~~~ごめんね~~~って
なんかよく分からん涙だったんですけど^^; でも心から思いました。
今も思い出しただけでも泣きそうですもん^^;
メンバーも当日大倉君のパートや振り付けを変更したけど
ドラマーの人もとっても頑張ってくれたんですもんね。
大倉君のことを考えてか、いつもと違ってドラムの音も控えめで最低限でした。
だからかいつもとはかなり違った。

大倉君がいなかったけど、その存在の大きさを痛感したライブでした。
メンバーが今までにないほど頑張ってくれたけど
その頑張りに涙が出たけど
やっぱり大倉君がいないのは…違った。
最後の挨拶で、すばる君が途中堪えきれずに涙を流して。
必死に、無我夢中で頑張ってきて、それでもやっぱり大倉君がいないのは大きくて…
うまく説明出来ないけど、すばる君の中で色んなものがこみ上げたんだと思います。
私も周りもみんな同じく涙してました。
「本当にありがとうございます!皆さんの支えでここまで来れました!
「大倉もありがとうって言ってるのが分かります!代わりに伝えます!」
「6人だろうが7人だろうが8人だろうが、関係ない!今の俺らはこれです!」
「俺らはただ目の前の人たちに向かって今出来ることをやるだけです」
「だから今日は…今日は…悔しい思いをした人もいると思うけど…」
「それでも俺らは今日やろうって決めたんで」
「たぶん、お前らなんかまだまだや、もっとでかくなれって言われてるんやと思う」
「だから…これからもよろしくお願いします」
「本当に本当にありがとうございます」
「また絶対、次は7人でやるんで!絶対来て下さい」

今日のこの公演、こんなことになっちゃったからDVDに入るかどうか分からない!!
って途中くらいに気付いて^^; 最初のほうはホンマ動揺が激しかったから^^;
もしこの公演がDVDにならなかったら色々覚えておかなきゃ!書かなきゃ!と思って
途中から必死で覚えるようにしてました^^;
でも泣いたり応援したり私もホンマ必死やったんで^^:
正確じゃないし、不完全で申し訳ないけど、
少しでもメンバーの気迫が、無念が、思いが…伝わればいいなと思います。

大倉君、今日のメンバーの思い、
大阪ドームに集まったeighterの思い、
そして、ドームに行けなかったけどめちゃくちゃ心配してたeighterの思い、
きっと全部、伝わってるよね^^??
「元気が出るSONG」、大倉君のパート、みんなで歌ったよ!
今は身体を治すことに専念して、またあの笑顔を見せて下さい。
メンバーが何度も言ってました。
「大倉もきっと笑ってます」
「大倉も絶対喜んでます!」
最高のメンバーで、誇りだね^^


…感情のままダラダラと書き殴ってしまいました。
今でもモヤモヤはあるしすごく複雑なのは変わらないんだけど
でもやっぱりね。開演前に6人で登場した瞬間に味わったあの、落ちていくような不安感。
あれに比べたら、腸閉塞なんて。大倉君がライブ1回お休みすることなんて…
もちろん痛いだろうし悔しいんだけど、それでも。
今回だけなんだもの。「次」があるんだもの。
また次は笑顔の7人に会える。
今はそれだけで本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
「当たり前は当たり前じゃない」と…当たり前だと思ってたことがどれだけ得難いか
また教えてもらいました。
今はとにかくゆっくり休んでほしいです。
大倉君も、もちろん他の6人も。
今日で更にエイトが好きになりました。
そしてeighterでいることを、誇りに思いました。
最高で最強の関ジャニ∞!


ツアーファイナルの感想は、また後日書きますね^^
関ジャニ∞、スタッフの皆さん、全eighterさん…本当にお疲れ様でした^^


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016.01.17 23:11 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2016.01.17 23:15 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016.01.17 23:29 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016.01.18 01:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する