2016.02.11

役者・安田章大@「フラジャイル」

*「フラジャイル」のネタバレを含みます*

おはようございます。
昨日の「フラジャイル」…皆さん大丈夫でしたか~^^;
「何でかな…今更…」と泣くシーン、もうダメでした…あああ。
ずっとずっと、奥底に押し込めてきたんだろうなぁって。

安田君、本当に上手でしたね。
切ない笑顔がたまらんかった…「諦め」という透明感で覆われた、
ガラスみたいに硬い、けど脆い笑顔でした。
ずっと表面で取り繕ってたけど森井さんの本気の揺さぶりに
バリバリと割れてしまいましたね。
保育園の最後の日、園児にさよならも言えなくて
園長先生(?)に「先生がガンで死ぬなんて」って言われた時…
あの顔が離れません。言葉で説明出来ない。
きっと今までいっぱい、ああいう言葉を浴びてきたんだなぁって。
その度に傷付いてたけど、カサブタを剥がすと強くなっていくように
自分でも気付かない内にどんどん「感じなくなる」ように持っていって。
それにしても、昨日まで普通にいた先生が急にいなくなるなんて
そのほうが園児たちのショックが強いと思うんだけど…
「先生は引越しで遠くに行きます」じゃダメだったの^^;?

しかし色々考えさせられました。
稲垣先生みたいに熱い先生は、ありがたいことはありがたいんだろうけど
あれがしんどい人もたくさんいるやろなぁ^^;
園長先生が発したひどい言葉より、稲垣先生の熱血のほうがしんどい人もいるやろな…
人って、言葉って本当に難しいなと思いました。
よかれと、励まそうと思って放った言葉が追い詰めてしまったり。
「残された時間を有意義に!」って、確かにその通りなんだろうけど残酷ですよね。
岸先生の「ひどいったらないよね?」が…本当にその通りで。
後悔って誰が後悔するんやろなぁホンマ。
自分が死んでこの世からいなくなっても「後悔」ってあるのかな…
岸先生が森井君に聞いた「自分が(後悔するん)じゃなくて?」は
何気ない一言だけど結構刺さりました^^;

安田君の感性豊かな部分が存分に活かされた演技でしたね!
自転車の後ろに乗って空を見上げたあの顔…
そのままCDのジャケットになりそうな。
病院のベッドの上で見上げる顔はまた全然違う顔でしたね。
明確な意思のある強い「生きてる」表情でした。
でも私、安田君が見上げた時に
「えっもしかしたらここで容態が急変するとか!?」って
めっちゃドキッとしました。展開的にありえるなぁと^^;
そうじゃなくてよかった~^^;

…でも、あのエンディングは正直あまり納得いかなかったです^^;
最後に「消え行く命」が「新しい命」を救った、
その命は無駄にならず、その魂は受け継がれていく…という解釈なのかもだけど
アレはなぁ…コンクールに応募させてやりたかったよ。
コンクールがダメでも、どこかで演奏されてるのを聴いてほしかったよ。
そしたらきっと最高の笑顔になったはずなのに。
そもそも親が傍にいながらあれだけ身を乗り出すって…
そりゃ四六時中見張ってることは無理だけど、アレは^^;
親は何をやってるんだ!保育所の元先生に子供を助けてもらって
その先生は死んでしまって…いくら余命宣告されてるからって、それはどうなの^^;
しかし安田君が子供を見つけた時のあの表情よかったですよね~
会えて嬉しいけど自分の今の状況を知ったら子供がショックを受けるんじゃないか、
と考えたら素直に喜べない…みたいなものすごく複雑な顔。
救った子供の名前が「しょうた」だったのは、偶然なのかな~^^

安田君の演技が本当に迫真だったので
心無い言葉を吐いた園長先生と、不注意な母親に腹が立って
熱血が過ぎる稲垣先生にモヤモヤして
淡々と余命を告げる医師と自分の父親の時を重ね合わせたりして
なんかものすごく疲れる1時間でした^^;
役者・安田章大を見せ付けられました。
本当にもっともっと演技のお仕事をしてくれたらいいのにな。
今年は役者・安田章大の飛躍の年になりますように…!!
「スキャナー」も楽しみです。主役じゃなくてもいいから
実力のある役者さんと味のある演技をしてほしい。


今日はお休みですね!
いい天気で嬉しいです。私もう鼻水止まりませんけども…^^;
今日は外での用事を済ませたら家にこもってゆっくりしようと思います。
皆様もよいお休みをお過ごし下さいね^^


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する