2016.06.19

「PLAY」押すの、勇気要りました。

おはようございます。
昨日お風呂で「元気が出るLIVE!」観始めました!
まずパッケージから出す時に躊躇し、しばし停止
プレイヤーにセットする時に躊躇し、またまた停止
そして「PLAY」ボタンを押す時に躊躇し、停止…ってまたかい!と自分にツッコミ(ホントに)
「ぬんっ!」という掛け声と共にボタンをPUSH!
正直観るのが怖かったんですよね~
内容に対してもだけど、何より自分がどういう感情を持つのか分からなくて。
でもこないだの安田君のメッセージ読んで
「やっぱり観なきゃなぁ。観ないと始まらない」って思って。

で、肝心の内容ですが。(ちなみに観たのは本編)
一言で表すのは難しいですね。
6人がステージに登場した時のあの不安感、
村上君の説明を聞いた後の大倉君への気持ち…今頃病院でどんな思いでいるのか。
時計を見て、「そろそろ始まった」と思ってるのか。
それを考えただけで涙が出たのを思い出して
最初はやっぱりちょっと辛かった…けど、それ以上に、
大倉君はいないけど「命は大丈夫」と分かった時のとてつもない安堵感や
6人の漲る「決意」がビシバシ伝わってきたことも思い出して…
そのまま観続けることが出来ました。

恐れてた「編集」(演出)ですが…うーん。
最初6人でステージに出てきた時の、横山君の言葉。
あの時はパニックだったので忘れてたけど
「関ジャニ∞と、eighterの絆を、今日見せたいと思います」
聞いた瞬間に「これか!?コンセプト!?」って思わず上半身を浮かしてしまい
湯船のお湯が激しく波打ちました(爆)。
とにかく、ものすごく直球で心に届いてそのままストンと落ちたんです。
「これかー!」って。って、いや、実は全然違うかもなんだけど^^;
でも、そう思っちゃったの(爆)。
これを今回のDVDのコンセプトと仮定するならば、
宣伝文句もパッケージデザインもそしてこの編集も…この上なく忠実にそれに沿ってる。
安田君が「最高」と言ったのも分かる。
あの時はみんな「大倉の分も」「大倉に届け」「大倉の魂はここに」と
大倉君への「思い」でいっぱいで…
大倉君が以前この映像を観て「涙が出た」と言ってたけど
それはみんなの自分への思いが伝わったから感情が溢れ出たのかなと思いました。
この作品自体が「大倉君へのメッセージ」となったのかなと…

もちろん私たちはお金を出して購入したわけですから
もっとエイトを観たい、「編集」はいらない…ってイチ消費者として
意見があるのは当然なんですけど^^;
私も確かに「eighterさんやっぱり多いな~^^;」って思ったけど^^;
でもなぁ。大倉君にはきっと「届いた」だろうし。それを想像しちゃうとな…
それに、映ってる中に自分やお友達がいたらまた違う感情だっただろうな、、
て、自分でも思っちゃうから^^; こういうこと、書くの恥ずかしいし情けないけど^^;
一番はもちろん「1秒でも多くエイトを観たい」という気持ちなんだけど、
エイトにとっては「7対eighters(全員)」でも私にとっては「7対eighter(個)」なのに!
という勝手な気持ちもあるんですよね…(あくまで私は、です)

ファンって(私って)勝手やなぁとよく思います。
勝手に期待して勝手に夢託して、差し出されたものが違ったら失望して…
「お金払ってるんだから!」と、そんな風にバッサリ割り切れるものでもないし。
お母さんなんだから家族の世話を焼いて子供を愛して当然とか
会社員なんだから仕事出来て当然とか、そうあるべきなのかもしれないけど
でもホンマは「当然」じゃなくて個々の努力と周りの助けの結果であって。
欲目をなくしてもエイトは頑張ってると思うし私はその頑張りに元気をもらってる。
今回の映像の作り方や売り方は「作り手」と「買い手」の思いに差があったかもだけど
そりゃニーズに応えられないこともあるよな~同じ目線で考える努力は出来ても
その人になれるわけじゃないし。想像するしかないし。
モノ作りって、売るって、大変やもん…と
お風呂で汗だくで取りとめもなく色んなこと考えてました(爆)。

なんか自分でも何を言いたいか分からなくなってきたんですが^^;
昨日、この日のLIVEでご一緒したお友達からコメントを頂いて。
その中の「あの日あの時に出来ることの「最高」を出している映像だと思ってます」
これ以上に表せる言葉はないな、と思いました。
あの日あの時、みんなが「出来ること」を精一杯、した。
エイトも、eighterも。そしてスタッフさんやバンドの皆さんも。
大倉君がいないドラムセットを観るのは正直辛かったけど
ところどころで、バックで演奏して下さったドラマーの方が映ってたじゃないですか。
あれ、すごくいいなと思いました。
あの日も思ったんです。「(助けてくれて)ありがとう」って。
DVDタイトル、6+45000の後に「+STAFF & SUPPORTING MEMBERS」も
入れてたらよかったのなって思いました^^

私はネタバレもしないし、他の人の意見も検索したりしないんですが
(それに引きずられるのが嫌なので)
お友達から、今回の作品は色んな意見がある、と聞きました。
私は、この作品いいなと思いました。
全部含めてあの日の記録だなと…
「オマエは実際あの日観に行けたからそんな風に思えるんや」
って思う方もおられるかもしれないですし、実際それ言われると何も言えないですし
まだ前半しか観てないから観終ったらまた意見変わるかもだけど…
(正直、メイキング観るんは怖い気持ちがある^^;)
少なくとも今の時点ではそう思ってます。
すばる君も冒頭で言ってましたね。
「色んな意見があって当然」
結局これがすべてなんだろうな…

まぁなんだかんだ言いましたけど私はやっぱりこの人たちに惚れてるんで(笑)。
惚れた男(たち)の気持ちは汲み取りたいし受け取りたい。
それに伴うオトナの事情も。仕方なくだけど(爆)。
昔っから惚れた男に甘くてねぇ…って誰も興味ない話(爆)。
私は特に自分にないもの、例えば夢とかキラキラとか、トキメキとか、
そういうのを勝手に彼らに投影してるし、ええとこしか見ないようにしてるし
(でも意識して見ないようにしてるということは「見えてる」けど避けてるんでしょうね^^;)
ホンマ我ながら勝手やと思います。
そういう意味ではアイドルってホンマ大変ですよね~
パパラッチだけじゃなく一般人にまでつぶやかれるから
プライバシーもへったくれもないし
疲れてる時に声かけられて笑顔じゃなかったら勝手にがっかりされるし
明るいスポットライト浴びる日までその何倍も黙々とリハーサルの日々やし
派手な生活してると思われがちやけど日々の買い物もままならん時あるし
…って想像が暴走し始めましたが(爆)。
こっちが勝手に期待して「大倉君ならこう」「安田君てああだから」とか決め付けて
背負わせてる部分があるから…申し訳なく思うこともあるし、だけどいつも感謝してる。
今回もこの完全生産限定がギリギリの妥協点だったのかなと勝手に想像してます。
DVD化されなかったら大倉君、もっとしんどかったんじゃないかな。
それともされないほうがよかったかな。これ、安田君の文章にもありましたね。
どういう話し合いになったのかは分からないけど、結果がこれだから。
私は受け止める(笑)!

実はこの文章書いてるの、夜中の2時半です(爆)。
なんかどうしても吐き出さずにいられなくて。
明日(もう今日ですが)ブログ更新ボタン押すのも勇気要るわぁ(爆)。
ここに書いたことはあくまで私個人の意見…いや、意見ですらなく
ただの感情の垂れ流しなので^^; 苦情はどうかご容赦下さい^^;
しかしいつにも増して取りとめのない文章で…ここまで読んで下さった方、
本当にありがとうございました。…すみません(爆)。

でも昨日の「PLAY」ボタンは、押して大正解でしたよ^^


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016.06.20 00:11 | 編集
Sさんへ

はじめまして。コメントありがとうございました。
私は、検索してないので本当に分からないんですが…本当に色々な意見があったようですね。
でも私はやっぱり自分で確認してよかったとホントに思いました^^

とても嬉しいコメントをありがとうございました。
「一番大事なこと」は、一つですよね^^
共感して下さってすごく嬉しかったです。
こちらこそ、これからもよろしくお願い致します。
Posted by たまり at 2016.06.20 12:27 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2016.06.20 19:57 | 編集
Mさんへ

はじめまして。コメントありがとうございました!
中学生!若いな〜(笑)
DVD、買ってもらえるといいですね!テスト頑張って下さい(^^)
でも完全限定生産だけど、まだ売ってるのかなぁ…?
ちゃんと確認して下さいね。
Mさんが誰のファンかは分からないけど、
みんなすごく頑張ってる映像になってます。
もし今回のDVDが買えなくても、過去のDVDで持ってないのがあったら、
テスト勉強頑張ってそっちを買ってもらって下さいね(笑)!
Posted by たまり at 2016.06.21 11:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する