2017.06.11

お願いだから笑える罰ゲームで@「大倉くんと高橋くん」



*「大倉くんと高橋くん」のネタバレを含みます*

おはようございます。
昨日、ご飯食べてたらいきなり両足が攣ったたまりですけども。
しかもよくあるふくらはぎではなく、ふくらはぎの一番外側の薄いところ(?)。
あまりの痛さに「あ"~~~~」と声が出ました…
今も痛みがあって、ふとした瞬間にまた攣りそうで怖い^^;


昨日の「大倉くんと高橋くん」、リアルタイムで聴きました。
何と言うか…昨日は大倉君がいつもより冷静?な気がして
それで「ヴァレンティン…(。-_-。)」てなってた私の気持ちを
いい感じに落ち着かせてくれました(笑)。
優さんが「ヴァレンティンと普段の大倉さんと、違うじゃないですか」
と言った時の大倉君の淡々とした「革命起こそうと思ってないからね」が
すんごくウケて笑えました。
そうだ、舞台上はヴァレンティンだけど、大倉忠義なんだもん(笑)。
熱は冷めないけど熱病は落ち着いたかも…よかった(笑)。

昨日は電話もなく、2人の話がゆっくり聴けてよかったです。
優さんがすごく慎重に言葉を選びながら
一生懸命舞台の感想を伝えようとしてたのが嬉しかったです。
気遣いの塊やな~と感心しました(笑)。
そうそう!ラジオ終了後に「どエライのれん」の画像をTwitterに上げてくれて
本当にありがとう優さん!
確かに「どエライ」けど、ものすごく綺麗。美しい。
あの色彩と言い繊細さと言い…素晴らしい作品です。
もはやのれんじゃなくて芸術作品だと感動しました。
とても女性的で…大竹さんらしいと思ってしまいました。
でものれん、って、歌舞伎などの楽屋風景でたまにチラッと映ったりするけど
確かにこんな色彩溢れる「アート」はあんまり見たことないかも^^;
大倉君が「どエライ」て言うのは分かる(笑)。
楽屋の前通る人がみんな「うおっ!?」てなってるのを想像してしまいました(笑)。
でも、一生モノの宝物ですよね^^

そして「イライラじゃんけん」にとうとう決着がついて
今回はなんと大倉君が罰ゲームだけど…
お願いだから笑えるやつにして下さいねスタッフさん^^;!
もう以前の優さんの罰ゲームで本当にハラハラさせられたし
気持ちのいいものではなかったので…あの印象が拭えない。
寒空の中薄着で歩かせたり、お金取ったり。
正直その後はどんな罰だったか思い出せないくらい強烈でした^^;
とりあえず大倉君の舞台が終わるまで待ってくれるそうだけど
(反対に舞台中にやるつもりやったんか!と言う大倉君でした^^;)
どうかみんなで笑えるものでありますように。

大倉君、声が少しお疲れ気味(そりゃそうだ)だったけど
好きな映画のシーンを話してる時の嬉しそうな声が可愛かったです。
そうか、あれ、そんなにいい映画なのか。
泣きたい時に観る映画、て雑誌とかで読んだりするけど
私はそもそもあんまり泣きたくないんだよなぁ(爆)。
泣いたらすっきりするのは分かるけど
引きずって、しんどいんですよね。
映画や小説は作り物だって分かってるんだけど…
そもそも泣いている自分が好きじゃない。単純に「何泣いてんねん」とイラッとくる…
って私がおかしいんだなきっと^^;


今朝TVを付けたら、たまたま「シューイチ」で、
しかも「今」のMusic Videoが流れててびっくりしました!
すごく楽しそうな映像で、ニコニコしちゃいました。
ダンスも、今までとはちょっと違う感じで難しそうだけど爽やかでした。
LIVEで観るのが楽しみです。
そして「大倉君と高橋くん」で「SEVEN転び EIGHT起き」が初OAされましたが
大倉君も言ってた通り、LIVEでのパフォーマンスが楽しみな曲ですね^^


今日は朝から、なぜか身体がものすごく重い(いや、実際重いんだけど)
キバッてとんぼ玉頑張ります。まだ今日は涼しいからありがたい^^;
頑張ると言えば、最近また毎日体重計乗るようにしています。
前は、2日に1回だったり3日に1回だったり…だらけてたけど
ヴァレンティンを観て「やっぱりこれじゃいかん」てなった(爆)。
昨日のラジオでの大倉君の発言「ピザ食べるのも仕事!」に
ホンマに泣きたくなるくらい情けなくなりました…映画より泣ける(爆)。
とりあえず現実を直視しなければ。
タガが外れてたくさん食べちゃっても「もうあかん」てヤケになるんじゃなくて
「また頑張ろう!」て思えるようにならなければ^^;


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)


皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する