FC2ブログ
2018.12.08

TVガイドPerson 読みました。



こんにちは。
寒いですねぇ。
まだ外出てないけど、出たらきっともっと寒いんやろなぁ。 ←当たり前

昨日帰りに「TVガイドPerson」買いました。
最後の1冊だったので焦った~
帰って、ゆっくり読みました。

安田君の「イマ。」がいっぱい詰まったインタビューでした。
ジャニーさんに器用貧乏だと言われ、だったら全部出来るようになってやる、と思ったこと。
器用だと言われがちだけど実際は全然だと思ってること。
私もありがたいことにそう言われることもあるけど(次元は全然違いますけど…)
同じジレンマを抱えていました^^; 全然アカンのにな、って。
だから、「ああ、でも私も安田君に対して『何でも出来てすごい』って思っちゃってる」
と反省しました。
安田君のことは分からんけど、私はある程度までいけるけどそれ以上がアカン。
しかも「ある程度」までいってるからその先の「大変さ」「すごさ」も、ちょっと分かってる。
だから余計絶望的な気分になる。「ああ、私にはいけない」てなる^^;
そういう意味も含めての「全然アカン」なんだけど、
一方で「やったことない」人から見たら「すごいな」てなるのも分かる。
その辺が難しい。安田君もその先が話せそうな人なら話す、て言うてたけど
確かに説明が難しいからな…

他にも色々頷けたり、目からウロコな内容でした。
そして最後らへんに結婚観を語ってはりました。
「一番大事なのは家族」と言い切る安田君が眩しかった。
「ワガママだけど結婚したとしてもそれを受け入れてくれるファンと共に歩みたい」
(私の要約です。安田君の言葉そのものは、雑誌を読んで下さい)
正直この部分を読んでから、言葉では表現出来ない気持ちが心にずっとあります。

そりゃそうよな。安田君だって34やもん。いつ結婚しても…
ああ、でも結婚したら辛いなぁ。
相手の人、いいなぁ。
ホンマにアホやなぁ。自分が結婚出来るわけじゃないのに。
私に私の人生があるように、彼らには彼らの人生があるのに。
私だって一番大事なのは、て聞かれたら、やっぱり妹やもん。
だから安田君が家族一番、て言うのも当然やん。
今までたくさんの「幸せ」をもらってる。だから本当に幸せになってほしい。
だけどなぁ。結婚かぁ。
ものすごーーーーーくシンプルに言うと、大失恋した感覚になるんかな。
はぁーーーーーー。

…私のとても情けなく混沌とした心の内を恥ずかしげもなく晒してすみません…

まぁ一言で言うと

「現実って、辛い」

て感じ^^;?
いくらこちらが好きで共感して応援してても、彼らは彼らの人生があって
私の人生と直接関わることはない。
毎日がしんどくても∞のおかげで頑張れてるけど
そのしんどい毎日が「私の現実」なことには変わりない。
今回このインタビューを読んで「分かりきってる」ことを改めて思い知らされた感じです^^;

でもそれでもやっぱり∞の幸せを望んでることには変わりないです。
すばる君の幸せもね。

まぁでもホンマ、芸能人としてアイドルとして生きるって大変やと思います。
「自分で選んだ道」て言う人もいるけど
自分で選んだからって何でも我慢出来るわけじゃない。
想定外のことも山ほどあっただろうし、
何より彼らが「選んだ」のは、まだ十代の時。
辞めた人も、諦めた人も、違う道を見つけた人もたくさんいる。
食らいついて頑張り続けられているのは間違いなく彼ら自身の努力。
それに…「人」は移り気だから。
私も今ずっとこんなに「夢中」ですけど、それでも
「いつかeighterじゃなくなる時がくるのかな」と考えたことがあります。
応援するのもやめるのも、その人の自由で。
そういう「人」の気持ちを離さずファンでいてもらわないといけない…
あまり好きな言葉じゃないけど「人気商売」て、本当に大変やと思います。
極端な話、明日のことも分からないし。
よく人間不信にならないな、と…自分を「保つ」のが大変だと思う。
だから…∞が少しでも多く安らぎを感じて、幸せでいてくれるなら…なら…
ああああああ。現実って、辛い。  ←結局ココ

土曜の真昼間に私は何をしょうもないことを長々と書いてるんでしょうね…
ここまで読んで下さった皆様、ありがとうございました^^;
…私が言いたいこと…伝わってるかなぁ?? 不安しかないですわ.
ただ分かってるのは、今日の記事はいつにも増して「恥ずかしい」内容だということです^^;


「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する