FC2ブログ
2020.05.23

これからも、ともに。「ボク。」



こんにちは。
昨日は職場で「ボク。」を読んで、危なかったです。
ちょっとの間仕事が手につかなかった^^;
何をどう表現したらいいか分からないけど
ひとつ言えるのは…ここまで思いを「出して」もらえたのが、嬉しかった。
剥き出しの感情をぶつけてくれた。
弱いところや「カッコ悪い」ところも見せてくれた…

安田君も同じなんだ。
まだ自分たちの「歴史」と「決別」出来てないんだ。
そして「決別」なんてしなくていいんだ。
痛みも苦しみも腹立たしさも全部、引っさげて生きるしかない。

「7人で頑張るって言ったじゃないか」は本当に…痛かったな…
eighterもそう思ってたし、何より∞自身がそう思ってた。
「ぼち夜」での「おじいちゃんになるまでこんな関係性で」を思い出した。

昨日は泡盛片手に泣きましたよ^^;
それくらいの「魂の叫び」でした。
だけどやっぱり心のどこかでホッとしてる。
100%強い人なんて絶対いない。
ずっと笑顔でずっと元気で心配でした。
いつもいつも助けてもらってばかりなんだから
しんどい時は頼ってほしい。頼りないけど(笑)。

最後は「宣言」でしたね。
「安田宣言」(笑)。
良いも悪いもミソもクソも全部引っさげて生きて表現し続けてやる
「約束の場所」へ連れてってやる!

ホンマに抉られた傷跡をそのまま見せられた感じでしたが
…表現が難しいけど…励まされた。
みんなにある、おんなじような傷が
これからカサブタになって「強く」なっていくサマを…みんなで見ていける。

「弱い」って言ってたけど最高にカッコよかったですよねー
くあーもう。これ以上惚れさせないでよーっていつも思ってるけどあっさり更新されます(笑)。
最後「読んでくれてありがとう」がなんとも安田君らしくてまた泣きそうになりました。
こちらこそ「出して」くれてありがとう、ですよね。

私は「ボク。」を読んでからのSmile Up! Projectの「アドリブおとぎ話」だったんですが
もう…高低差がえげつなさすぎた(爆)。
めちゃくちゃ面白かったです。
猿さんの「歯ぁガチャガチャ」、大笑いした(笑)。
サイコパスなおばあちゃんの末裔も最高やったし
(そしてチラッと特別出演したホンモノの「犬さん」(笑)(笑))
卑屈やけどグイグイ関西弁の猿さん
意外とまともなことを言っていた鬼さん
大笑いしながらも話を回してキラーパスを放つ桃さん
そして追い詰められた金さんの「はげたよね…」
笑いが止まりませんでした(爆)。
最高に面白かったです。さすが関ジャニ∞!!と誇らしかった!
eighterでよかった!!!!!
と「ボク。」を読んだ時と同じ感想を抱きましたが
こっちは腹抱えて笑いながらでした(爆)。

あーしかし何回でも観られます。
ありがたい。やっぱり助けてもらってばっかりです。


昨日のMusic Station、WANIMAが出るんで楽しみにしてました。
ここ最近「WANIMAにハマッてる」と書いてますが本当にめちゃくちゃハマッてます。
もちろんずっと前から安田君と、そして∞とご縁が深いですが
#stayhomeで「なんか聴けるものないかなぁ」とYoutubeを探したら、
彼らのオフィシャルチャンネルでアルバムがほぼ全曲公開されてて。
それまでも聴いてたけど、知ってる曲だけで、アルバムを通しで聴いたことはなかったんです。
どっぷりハマッてしまいました。
一日中WANIMAだけ聴いてることもあります(笑)。
で、こんなに聴かせてもらってるんだから…と。

アルバムも揃えました。
下2枚はインディーズ、上2枚はメジャーデビュー後のものです。
左上の「Everybody!!」が、オープニングからめちゃくちゃカッコよくて
「おおおー!」てめっちゃ気持ちが上がった。

一番新しいのは右上の「COMINATCHA!」ですが、これは初回限定盤を買えたので
DVDが付いてました。それがまたよかったー!
LIVE行きたいけど野外は怖いな…と思うくらい激しかったですけど(爆)。
「十祭」と比べものにならないくらい放水されてて、もはやただの「土砂振り」でした…

WANIMAの曲を聴きまくって…安田君がWANIMAを好きになったの、分かった気がします^^;
WANIMAっていつも笑ってる。たまに「笑ってるけどしんどそうやなぁ」って思うけど、それでも笑ってる^^;
検索したら、こんな記事が出てきたんですけど

「笑顔がうるさいヤツら」って思われてもいい。WANIMAはただ、目の前の人を幸せにする

この中のKENTA君の言葉で腑に落ちました。

僕らの周りには、辛く苦しい思いをしていても僕らに笑顔を返してくれる人たちがすごく多かったんです。
だから僕らもそういう人たちに憧れて、「表に出るときは笑顔で出たいね」って話し合って、全力で向き合ってきました。


(リンク先のインタビューでは、∞に提供した「ここに」についても話してくれてます)

曲聴いてたらチョイチョイ、彼らの「痛み」を感じる瞬間があって…

ガキの頃からとなりのニシダ (KO-SHIN!)
家庭環境がよく似ていた
あったかい家庭に憧れた
忘れたいあの日 忘れないように
孤独な夜は また火をくべろ 
(「シャララ」)


ただ前向きでパワフルで元気だけじゃなくて
ところどころに感じるどうしようもない切なさや痛み、それでも明るく生きてやる、みたいなのに
すごく惹かれました。
昨夜も聴いてたんですけど、「ともに」で泣いてしまいました。

別れ道に立つ ともに唄う
重ねた日々は変わらず残る
千切れそうな今縫い合わせ
思い出したあの頃

あたりまえのいつもの笑顔
平気なフリに何度 騙された?


「ボク。」読んだ後は…ヤバかったです。

涙こらえ笑って生きてる 崩れそうになりながら毎日びびってる
疲れ果てるまで繰り返す きっと ずっと
どれだけ過去が辛くて暗くても 昨日よりも不安な明日が増えても
悩んだり泣いたりする今日も 進め君らしく 心躍る その先には幸を…

生きて耐えて時に壊れ泣いて迷う影に笑顔咲き誇る
生きていれば…命さえあれば…


「COMINATCHA!」の特典DVDでもこの曲が収録されてるんですが
KENTA君が…まるで金八先生に見えるくらいに(笑)、噛み締めるように、
目の前のファンに言い含めるように歌うんですよ。
間奏で「毎日お疲れさん!本当にお疲れさん!」って労いながら。
毎日大変よな!よく頑張ってるぞ!頑張ろうな!みたいな…
泣いてるファンもいて。分かる。私も泣く(笑)。

ああ、アツく語ってしまいました(笑)。
でもコロナで落ち込みがちだったのを、どれだけ救ってもらえたか。
どれだけ背中をバンバン押してもらったか。
バラードもめっちゃいいしエロい曲もあります。振り幅がエグい(笑)。
でも全部めちゃくちゃいいんですよ。いわゆる「捨て」曲?が本当にひとつもなくて…

「ここに」は残念ながらYoutubeでは視聴出来ないんですが
収録されている「COMINATCHA!」をスマートフォンに入れて、
ウォーキング中に「ここに」が流れた時は…ハッ!!!となって、思わず止まってしまいました。
5人になってから聴けてない関ジャニ∞の「ここに」。
その「ここに」とはまったく違う、でも懐かしくて力強い「ここに」でした。
また聴けるようになって、涙が出そうになりました^^;
WANIMAの曲が気になった方は、よかったらまずYoutubeのオフィシャルチャンネルで聴いてみて下さい。
TVでは明るい前向きな曲が多くて確かにそのイメージなんだけど
「りんどう」、「1106」、「SNOW」のようなバラードも最高やし
「M」、「リベンジ」、「TRACE」、「ANCHOR」「THANX」…あかん、選べません(笑)。
ホンマに全部好きやけど…強いて言うなら、一番印象に残ってるアルバムは「Everybody!!」かなぁ…
(Youtubeオフィシャルでほぼ全曲聴けます)

「ともに」も入ってるし。
この曲は特別な曲になりました。

前に前に前に上に上に 冗談じゃない まだ諦めてない
全て追い越して 何もかも置き去りに 思い描いたその先へ



「はじめまして」の方はお手数ですが拍手コメントではなく、
記事の下にある「コメント欄」からお願い致します。(非公開に出来ます)

皆様の応援が励みになっています!
ランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願い致します。
いつも本当にありがとうございますm(_ _)m

にほんブログ村 芸能ブログ 男性アイドルグループへ
スポンサーサイト




この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する